風本真吾の美肌指導

シミ・ニキビ・お肌のトラブル解消!プラセンタやセラミドの有効な利用法もご紹介

美肌の教室

ここでは、お肌を知る上での以下の基礎知識

についてご説明いたします。

まずはあなたの肌の構造を知っておきましょう

皮膚は、上から表皮真皮皮下組織からできていて、その細胞は日ごとに表面に押し上げられていき、やがて角質となり、最後は垢となってはがれ落ちていきます。

胚芽細胞は表皮の一番下、真皮のすぐ下にびっしりと並んでいますが、その隙間にはメラニン細胞があります。それぞれの数は、胚芽細胞5~10個にメラニン細胞1個の割合です。

そして、真皮そのものはコラーゲン(膠原線維)のかたまりでできています。コラーゲンは長いヒモ状をしていて、そのヒモが3本からみあって三つ編みをつくり、その三つ編みが隙間なく縦横に何本も並んで、真皮からできています。ハンドバッグや靴などの革製品は、牛などの真皮を取り出してつくられています。皮膚は、上から表皮、真皮、皮下組織からできている

一方、皮下組織は

  • 線維芽細胞
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • コンドロイチン硫酸
  • ヘパラン硫酸
  • ヒアルロン酸

などでできています。このうち、脂肪細胞と水以外の物質は、すべて皮膚の構造です。

そして、皮膚には、このほかにも汗腺や毛穴などの付属物があります。ニキビなどのトラブルは汗腺や毛穴の状態が原因で起こります。毛穴は、表皮、真皮をつらぬいていて、皮下組織まで達しています。そして、皮下組織のなかには毛包があります。毛包の最奥の部分は毛球といって、ここで毛がつくられています。

また、毛包には立毛筋という筋肉が表皮からつながっていて、この筋が働くと、いわゆるトリ肌が立つという状態になります。

この毛包に対して、真皮には皮脂腺があります。この皮脂腺から脂肪分が出て、この脂肪分が皮膚の表面をうっすらとおおい、皮脂膜をつくります。

また、表皮から真皮をつらぬいて、エックリン汗腺もあります。この汗腺の先には、血管が糸玉のようにからんでいて、汗を出して体温調節をするという重要な役割を果たしています。

肌年齢を左右する「ターンオーバー」とは?

ここで、皮膚の一番表面にある表皮の構造についてお話しておきましょう。

表皮の下のほうでは、胚芽細胞が細胞分裂をくり返して、新しい細胞が生まれています。新しい細胞がどんどん生まれてくるため、古い細胞は次第に上へ、上へと押し上げられていきます。この間に細胞は「角化」という変化を起こしていきます。細胞分裂を起こす際には、ビタミンB12が関与してきます。このビタミンB12を上手に活用できる人は、肌の若々しさを保つことができます。肌年齢を左右する「ターンオーバー」とは?

角化というのは、細胞が自分のなかにケラチンというタンパク質をどんどんつくり、やがてケラチンであふれ返って核もなくなり、丸ごとケラチンに置き換わってしまう状態をいいます。こうした変化は、皮膚の表面を守ろうとして細胞が丈夫なかたちにつくりかえられるために起きています。

こうして皮膚の表面を保護するために変化した細胞が集まって、「角質」となります。角質は皮膚表面で外部の刺激から肌を守るバリアの役割を果たしますが、やがて垢となってはがれ落ちていきます。

こうした一連の胚芽細胞の活動、つまり新しい細胞が生まれてから垢となって剥がれ落ちていくまでの期間を「ターンオーバー」といいます。

皮膚が生まれ変わる「周期」

そして、一度ターンオーバーして表皮細胞が入れかわるのに、普通約28日間かかります。だいたい、細胞が1個分裂すると角質のうち細胞の1個分がはがれ落ちると考えてください。このように、皮膚は28日周期で生まれ変わっているのです。

ところが、加齢とともに胚芽細胞の活動力が次第に失われ、28日周期であったターンオーバーもやがて35~40日周期になっていきます。

つまり、同じ表皮であっても、若いときは28日前にできた細胞であったのが、40歳を超えると、40日も前のものになってしまいます。この差が、肌のくすみとして、見た目にもはっきりととらえられるようになってくるのです。

シミやソバカスの原因の1つとなる紫外線

シミやソバカスの原因の1つとなる紫外線にはUV-A(長波長紫外線)とUV-B(短波長紫外線)の2種類があります。

UV-A(長波長紫外線)は生活紫外線とも呼ばれていて、窓やガラス、カーテンを通過して肌の奥まで届く、まさに美肌の大敵。表皮の下の真皮のにまで達して、メラニン色素を増殖させるばかりでなく、コラーゲンやエラスチンを攻撃して、シワやたるみなど肌の老化を引き起こします。

これに対し、屋外などで日に焼けると、肌がほてったり赤くなったりしますが、それはUV-B(短波長紫外線)のしわざです。UV-Bはレジャー紫外線とも呼ばれていて、表皮までしか到達しないものの、大量に浴びると肌を守ろうとしてメラニン細胞がメラニン色素を生成するため、シミ・ソバカスの原因となります。紫外線から肌を守るためには、UV-AとUV-Bの両方をしっかりカットする必要があります。

紫外線について知り、万全のUV対策を

紫外線について知り、万全のUV対策を日差しの強い真夏や、南国の海辺では、念入りにUVケアを行いましょう。砂浜にいるときは、できるだけつばの広い帽子をかぶり、長そでのビーチウエアやTシャツを着用し、サンスクリーン剤を2時間に一度くらの割合でつけ直すようにしましょう。とくに、海からあがった直後は、体をサッとふいて、必ずサンスクリーン剤をつけ直すこと。これで、ある程度、日焼けを防止することができるはずです。

そして、美白効果のあるビタミンCを事前にとっておくと、さらに安心です。ビタミンCには、メラニン色素が必要以上につくられるのをコントロールしたり、肌にダメージを与える活性酵素が日焼けの炎症によってつくられるのを抑える働きがあります。

また、真皮まで入り込むUV-Aは、コラーゲンを破壊するだけでなく、肌にうるおいを与えるセラミドの働きもダウンさせてしまいます。ビタミンCにはこのセラミドを守って肌のバリア機能をアップさせる働きがあり、真皮への攻撃をかなり防ぐことができます。

ニキビや吹き出物ができるまで

一つ一つの毛穴に皮脂腺がついています。皮脂腺からは脂成分が分泌されます。この脂成分は毛穴から体表面に放出されて皮膚の表面に薄い皮脂膜を形成し、肌の乾燥を防ぐ働きをします。

皮脂腺で生成された脂成分は順調に体表面へと流れ出なければいけません。毛穴の中で詰まってしまうとそこで細菌が繁殖しやすくなります。毛穴の中で滞留した脂成分の中で細菌が繁殖している姿ニキビや吹き出物になって現れます。

皮膚の表面にはもともと細菌がたくさんいるので、ストレスや寝不足などで免疫力が低下したときは、細菌が繁殖しやすくなり、ニキビ、吹き出物ができやすくなります。

以上のメカニズムを考慮すると・・・

ニキビ、吹き出物を防止するには、毛穴内の脂成分が順調に流れ出ること、細菌が繁殖しないように強い免疫力を持つことの2点が重要ということになります。

ビタミンCはリンパ球の働きを高めて免疫力を増強しますので、ニキビ、吹き出物の予防に効果を発揮することはあるでしょう。しかし、脂成分が滞留しやすい体質であったり、深酒や睡眠不足、ストレス、過労、栄養バランス不良などで免疫力が極端に低下していたりするときは、「焼け石に水」かもしれません。

※女性は生理が毎月ある上に、女性ホルモンをつくらなければいけないので、男性と同じように仕事をすると栄養不足になります。

体に入った栄養は、最初に内臓に使われるので、お肌にくるのは後回しになります。特にお肌に必要な栄養素を集めたのがメディカルサロンの素肌栄養素です。

肌の浸透性について

医学的には、肌(皮膚)も心臓や肝臓と同じ臓器の一つです。つまり、美肌とは、「皮膚が健康に保たれている状態」だといえるでしょう。そう考えると、美しい肌をつくるには、皮膚の健康に必要な栄養素を身体の内側から補給することが絶対条件になります。スキンケアには皮膚表面から塗るスキンケアより、身体の内側から栄養素を補うほうがはるかに効果的なのです。

ちまたには、コラーゲンやコンドロイチンなど肌にいいといわれる成分が含まれた化粧品が数多く出回っています。それらを上手に組み合わせれば、美肌を手に入れるのはいとも簡単なことのように思われるのも、無理はないでしょう。

ところがそこには大きな落とし穴があるのです。

一つは、私たちの肌の持つ特性です。肌には体内の蒸発を防いだり、外界からの刺激や細菌などの進入を防ぐために、バリア機能が備わっています。このバリア機能によって肌は乾燥や細菌などの攻撃から守られているわけですが、逆に、肌に何かを塗っても、含まれている成分の分子が大きかったり水溶性だったりすると、そのほとんどはバリア機能によってはじかれてしまうという、やっかいな一面もあわせ持っています。どんなに肌に有効な成分が含まれているとうたわれている化粧品であっても、皮膚の奥まで浸透していかなくては、その効果は得られません。

そして、もう一つは、化粧品に含まれる成分による化学反応です。医学の立場からいえば一日中肌につけている化粧品の中にさまざまな成分を加えることは、かえって肌に悪影響を及ぼす可能性が高いのです。

医師は、患者さんに対して身体に作用するものを2種類以上使うとき、まず相互作用というものを警戒します。相互作用とは、異なる成分同士がお互いに及ぼし合う影響のことです。医薬品の場合、2つの成分によって起こる作用に関しては調査されていますが、成分が3種類以上になると、体内でどのような化学反応が起こるかはっきりしていないことが多くあります。そのため、医師は飲み薬などを3種類以上処方する場合には、特に警戒せざるを得ないのです。

化粧品の中に入っている栄養成分も、薬に使われているのと同じような化学反応でできています。しかも、化粧品の中には防腐剤や香料なども入っています。ですから、これらの成分が、それぞれどのような相互作用をもたらすことになるか、想像しがたいものがあるのです。

まして、顔や首というのは、紫外線がダイレクトに当たるところです。紫外線が肌によくないことはよく知られていますが、実は紫外線による刺激によって、化粧品成分の化学反応がさらに促進されてしまうという危険性もあるのです。

これらのことを考え合わせると、さまざまな栄養成分を配合した化粧品が、必ずしも美しくしてくれるとは限らないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お医者さんが考えた
「一週間スキンケア」
(三笠書房)

書籍一覧

ピックアップ

当サイトについて

電話番号
ページのトップへ戻る